蓄電池に関する基礎知識 Basic knowledge of storage battery

お問い合わせ

もし、バッテリーに異常があったら

正しい使用法を守ることが大前提ですが、充電器や蓄電池そのものの製造不良などにより、発熱や蓄電池部の膨らみ、発煙などが有った場合は直ちに充電を止め、万が一の発火に備えることが必要です。リチウムイオン蓄電池は特にその性質上、内部に高エネルギーを貯めることが出来ると共に、電解質が発火しやすい材料が使われていることが多いので特に留意が必要です。また、リチウムイオン蓄電池は衝撃にも気をつけて下さい。内部が数マイクロメートルの絶縁材で仕切られており、この絶縁材が衝撃により破れると内部短絡と呼ばれる危険な状態となりますので、携帯電話やパソコンなど落としたり衝撃が加わったときには、異常な発熱や膨らみなどがおきていないか留意が必要です。

TOPに戻る